デューロは二輪タイヤで注目される台湾のメーカー

Leave a comment

デューロは主にバイク用タイヤメーカーとして日本では認知されています。マウンテンバイクその他のタイヤも製造販売していますが、日本では圧倒的にエンジンのついた二輪車、つまりライダーに人気があります。台湾のメーカーですから中国製ということになります。中国製と聞くと拒絶反応を起こす人もまだまだいらっしゃることでしょう。特にタイヤなんてバイクを快適に走らせる最も重要な部品です。命に関わるといっても過言ではないタイヤはやはり日本製で安心したいという人も多いでしょう。

しかし皆さんが安全だと思っている日本車にも実は中国製のタイヤが使われていたりします。日本で製造し、日本で販売していても、実は細かい部品は韓国や中国から仕入れているということはよくあります。私も自動車関係の仕事をして初めて知りました。車だけに限りません。パソコンや家電製品でも、部品は海外ということはあります。日本で組み立てて販売したものは、中身がすべて外国の部品であろうと日本製となります。このあたりは消費者自身が目を光らせる必要があるでしょう。話をデューロに戻しますが、日本メーカーのタイヤよりかなり安いのが魅力です。

しかし注目点は安いことではありません。大手タイヤメーカーと技術提携をし、その性能はもちろん何ら問題はありません。安かろう悪かろうというわけではありません。人件費の違いという厳然たる相違点がある以上、安くなるのはごく自然なことで、そのことと技術力、品質とはイコールではありません。韓国や中国だっていまやグローバル企業として世界中を視野に入れて商売をしていますので、当然品質管理は徹底して競争力をつけています。日本の三大二輪車メーカーでも、デューロのタイヤを標準装備しているものがあります。もちろん日本のメーカーが厳しい目でチェックし、メーカーの看板を背負う車両に相応しいと判断したからこそ使われているわけです。何かあれば、バイクの販売メーカーの責任問題となりますので、品質には神経質になる必要はないと思います。後は走り心地、バランス、硬さ、外観など好みに合うかどうかでしょう。私は自動車なのでデューロではありませんが、タイヤを交換する時に韓国製のタイヤにしました。車自体もあと何年乗れるかという状態だったのに、高いタイヤを買う気になれなかったのです。日本製タイヤの7掛けくらいの値段でした。そのタイヤで3年ほど乗って廃車にしましたが、もちろんなんの問題もなく快適に走りました。選択肢としては今後もアリかなと思っています。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)